リップスポイラー

050514_spoiler

我々がMR2に拘ったパーツをリリースする時、テストフィールドは、サーキット サーキットを何度も何度も走り込みテスト&トライを繰り返し変更に変更を重ねていよいよ発売です。スタイル性向上を図りカーボン製品とよりお求め易くFRP製品の2種類をご用意しました。

対応モデル 価格
SW20全てのモデル FRP¥49680-
SW20全てのモデル カーボン¥70200-
rip-1_up

スーパーローダウン

スーパーローダウンを実現させました。MR2で不足しがちなフロントダウンフォース これは、フロントバンパーから導入された空気がラジエーターに導かれ後側に有るフロントパネルに当たりこのフロントパネルに当たった空気がボディ下部に流れる際にフロントエリアを持ち上げます。この事によって高速走行をした際、フロント部分の接地感失われるのです。可能な限りフロ ント部を下げると同時にアンダーカバーを一体ととした事で、整流効果を発生させています。

rip-2_up

サイドフィン装着

コーナーリング時の安定性増大を狙いサイドフィンを装着しました。MR2は、ミッドシップの為に アンダーステア気味になる傾向が強い車です。この状態のままでは、本来持っているミッドシッ車の 特性を生かした走りにすることが出来ません 可能な限りアンダーステアリングを無くす事を考え又 コーナリング安定性を追及した結果がサイドフィン装着です。

rip-3_up

エアーエレベーター装着

エアーエレベーターを装備する事によってフロントリップに当たった空気は、左右に流れます。 この左右に流れた空気は、両サイドに有るエアーエレベーターに導かれこの空気の階段を駆け上 がります。このエアエレベーターを掛け上がった時にダウンフォース効果が現れフロント部を押 さえつける事が出来ます。又、このリップスポイラーは、フロント部のアンダーパネルも兼ねて おり純正アンダーカバーを取外して装着する為にフロント部のフラット化が図られより一層のダ ウンフォース効果を促進します。

rip-4_up

ブレーキダクトを標準装備

ブレーキダクトを標準装着しました。MR2に純正装着されているブレーキシステムは、2ポット キャリパーフローティング(浮動型)」タイプがセットされていますが、簡単に300PSまでパワ ーアップ出来るMR2には、かなり貧弱です。純正状態でバックプレートにブレーキローター冷却 用の導風板も装着されていますが、この導風板だけでは、冷却出来きれずにいます。内径50パイ のダクトホースを取付ブレーキに大量のエアーを送れるようにしました。

装備車両

  • 050515_demo1-up
  • 050515_demo2-up
  • 050515_demo3-up
  • 050515_demo4-up
  • 050515_demo5-up